当日スケジュール


 

準備中

 

発表者一覧


 

名前 テーマ 所属 発表時間
佐竹 拓也 セラピーの本質〜人体の性質と共鳴の概念〜 Physical-wave reSONAnce  
松井 貴司 運動イメージって、どう評価する? 松戸リハビリテーション病院  
山本 秀一朗 臨床でしか使えない 運動麻痺の脳画像の見方と評価への展開『運動麻痺の評価は、BRS-Tではできない』って知ってましたか?実は、これが運動麻痺と筋緊張を臨床で区別できない理由です。
今回は、運動麻痺の考え方から評価・脳画像・治療展開までを45分に凝縮し明日から誰でも見れるかたちにして提供します。
楽しみにしていてください。
株式会社 脳PLUS  
福岡 由理 Birth partner ~お産と向き合う~ 東峯婦人クリニック  
河合 眞哉 新しい動きを科学する Body Pioneer株式会社  
森下 翔平 インソールの処方と運動指導正しく行えていますか? Body Pioneer株式会社  
鯨岡 栄一郎 動作への思い込みを変換するコーチング介入 訪問リハビリにおいて、対象者の生活行為を扱っていく中で、自分ではできないと思い込んでいた動作が
ある日突然、可能になることをしばしば経験する。
人の「できる」「できない」とは一体何だろうか?必ずしも機能が改善すればできるに直結するわけではないし、
機能が改善していなくてもできる、やっていることは多々ある
私は常に相手の言葉使い着目し、その人の「ニーズ・信念」「思考のクセ」「フォーカス」を割り出し、
その特有のパターンをフィードバックしていく。それによって、思い込みと自己イメージを変換し、ADL拡大のサポートを行っている。
当日はその考え方の紹介と、実際にセッションを行い、変化をお見せしていきたい
株式会社メディケアソリューション  
柳田 恵佑 横足根関節の回内制限がヒトの動きに与える影響 drawer  
及川 文宏 自律神経を診る方法 自律神経の問題を臨床で感じるセラピストが多いにも関わらず、実際に辛い思いをしている患者さんを前に
ほとんどのセラピストが何をしたら良いのか分からないという現状があるかと思います。
このセッションでは、自律神経の乱れが、解剖・生理学の視点からどのように説明できるのかをお伝えしながら、
私が実際に行っている評価・問診・治療のPointを紹介したいと思います。治療については、実技にてお見せします。
また、基本的な概念として、自律神経には、「休息と負荷」が必要であることをお伝えします。
最後に交感神経ストレッチをご紹介したいと思います。
自律神経でお悩みの方は、ぜひご参加ください。
日本アレルギーリハビリテーション協会  
岡田 直樹 ピラティス戦略から姿勢を捉える 近年理学療法士・作業療法士×ボディワークの 観点でのリハビリや予防事業が増えてきています。
今回はピラティスという手段を使い、立位姿勢をどのように評価し根本的に変化出せるかを 徹底的にわかりやすく発表させていただきます。
さらに発達学の視点からもお伝えし、即時的な効果も体感してもらいたいと思います。
株式会社フューア  
染谷 学 アジャストが繋ぐ柔整と療法士 らくらく堂整骨院 NASYU株式会社東京支部長  
内藤 大貴 立脚側寛骨の動きにフォーカスする 五香病院  
吉野 透 目と耳と歯の“つながり”でからだの動きを改善する 10年とちょっとばかしの臨床の中で、手・足・息などについてのこだわりと共に、目・口・ハナ・耳など、
他の方と話し合いづらいところについても、徐々に治療を体系立ててきました。
食べるために口を先頭に動き、口の周りや中に特殊感覚器官などが集まって「顔」になりました。
考えているのは“顔の理学療法”の確立です。
まだまだ遠いところではありますが、今回は、目と前庭と歯のつながりを、運動学的視点から捉え、
からだ全体の治療にする手法をお伝えしたいと思います。
中伊豆リハビリテーションセンター  
上原 卓也 荷重応答期の膝関節動揺性 医療法人豊橋整形外科江崎病院  
吉村 卓也 動きにおける左右の考え方当たり前ですが、ヒトのからだは身体機能的にも構造的にも全く左右対称ということはありえないと思います。
そのようなことを踏まえ、理学療法というものを考えるときに、自分がいつも気にしている事や実際の考え方等を発表したいと思っております。
ご興味のある先生方、よろしくお願いいたします!
NPO法人メディカル・リハビリテーション  
石戸 裕亮

命の“繋がり”を考える。 

~医療者・人の在り方を見つめ直す経験を踏まえて~

医療法人社団順雄会 ユウ整形外科

 
松井 秀樹 パフォーマンスを上げる運動療法 Body Labカラダカクメイ  
大谷 達宣 在宅リハビリに必要な知識と技術 株式会社 ONZiii Act  
濱田 聖矢 上肢運動連鎖によるパフォーマンスの変化

医療法人松田会

近森オルソリハリビリテーション病院

 
花嶋 智之 末梢神経絞扼による疼痛と可動域制限 Body pioneer株式会社  
黒山 大輔 肩こりに対する働きかけ方 浜本整形外科医院  
古泉 貴章 顎関節を診る〜頭頸部の重要性〜 加藤大介クリニック  
片桐 辰徳 地域との新たな関わり方 合同会社Think Body Japan  
森前 孝英 治療は問診が9割!~セラピストに必要な問診力~ 整体院ReBODY  
細川 寛将 学習を加速させる!絶対に忘れない科学的記憶術 株式会社クリエイターズ  
四ノ宮 祐介 スポーツ選手のコンディショニング(しなやかさと力強さの獲得) 豊橋整形外科江崎病院  
小林 純也 脳卒中患者だった理学療法士が伝える、本当の事~運動失調を体感する~ NPO法人 日本脳卒中者友の会  
才村 弘也 足型(トリッシャム)からわかる上行性運動連鎖の代償 NASYU株式会社  
牛島 毅 難病患者経験から得たもの~おじさん新人PTの想い~ 社会医療法人 健和会 健和会病院  
小瀬 勝也 サッカー選手に特異的な外傷により外反・内反捻挫を同時受傷した一症例 さとう整形外科  
瀧澤 哲也 投球障害肩の一症例 〜局所から姿勢と動作の評価〜 ユウ整形外科  
藤田 聖純 リハビリテーション専門職の視点から考える!臨床に活かす脳画像の見方 脳卒中OT研究会PlusOne  
見上 裕士 薬剤師とセラピストとの関わり方 NASYU株式会社  
大野 有三 運動器を評価し、日常生活動作を治療でも運動療法でもなく『ツール』で介入する治療法 NASYU株式会社